来鳥手帖・来森手帖

2007.06.16

料理研究家の福田里香さんと「みつばちトート」の束松陽子が、
鳥取・鳥取市と青森・弘前市を訪れた旅行記です。 

「布の民芸」をテーマに開催した展覧会『布芸展』のために出版。
好評を得、これまで2000部以上を発行、現在も増刷を重ねています。

来鳥手帖

raicho_techo.jpg

中国の藍染めの布「印花布」を日本にはじめて紹介し、
故郷、鳥取に「鳥取民藝美術館」を設立した吉田璋也(1898-1972)の
足跡に触れ、その鳥取民藝美術館はもちろん、全国の民芸品を扱う
「たくみ工芸店」、民芸フード“しゃぶしゃぶ”のルーツ「たくみ割烹店」
などを訪ねました。

来森手帖

raishin_techo.jpg

津軽地方に伝わる手刺繍の民芸「こぎん刺し」。
江戸時代に木綿着の着用を禁止された農家の女性たちが、
補強や保温性を増すため、冬の農閑期に野良着に刺繍を施した
というのがルーツです。2人が弘前を訪れ、「こぎん刺し」の魅力に
触れながら、弘前の民芸、近代建築、お菓子を紹介していきます。

鳥取と青森に伝わる「民芸」の魅力を、
2人の旅をとおして感じていただける冊子です。

次の書店、ウェブショップ等でお取り扱い中です。

東京
ユトレヒト(中目黒)
KOHORO(二子玉川)
タコシェ(中野)
Tokyo’s Tokyo(トーキョーズ トーキョー)(羽田空港第2ターミナル3階)

京都
恵文社来鳥手帖来森手帖
ガケ書房

神戸
vivo,vabookstore来鳥手帖来森手帖

米子
今井書店 本通店 青杏文庫

松江
artos book store